2017年01月11日

「甘酒は飲む点滴」

久しぶりのブログです。

症状ごとの「食事療法」については
ほとんど書いたつもりになっていて、ついつい1年以上も
放置したままになっていました。

実際、改めて「あした元気になぁーれ」を見てみたら
260回も書いています。

だから、もう書き終わったと平然としているのは
傲慢ですね。お詫びいたします。

実際、いまも、たくさんの方々にご検索いただき
ごらんいただいているようで申し訳ありません。
心より感謝申し上げます。

2017年(平成29年)
正月休みの間、
いろいろ発信しているブログを見直していましたら
「あした元気になぁーれ」だけが、
抜け落ちていました。

毎日のように「食養生」のご相談があり
その都度、食事療法を指示しているにもかかわらず、です。 

これから、
せめて月に2度くらいは更新したいと思っています。
いま少しご猶予ください。

さて、今回は、筆者が関わっています医院と患者を結ぶ情報紙
「きょうから元気」1月号に掲載されていた
「甘酒は飲む点滴」と題する木村ひさのさんの文章をお借りして、
お茶を濁す次第、悪しからず。
         
■「甘酒は飲む点滴」

甘酒といえばお正月に飲むイメージが強い飲み物ですが、
最近ではダイエットや美肌効果がある人気の飲み物です。

江戸時代には夏バテを防ぐ目的としてよく飲まれていたそうです。
 
1)美肌効果 

甘酒には肌の機能を活性化する効果がある。
ビタミンB2が多く含まれています。
肌を保湿する効果とハリや弾力を取り戻してくれる働きがあります。

また、甘酒の原料である麹にはシミの原因となるメラニンの
生成を抑えてくれる効果があることから美肌になるといわれています。

2)脂質の代謝促進
 
甘酒に含まれるビタミンB群には
脂質の代謝を促進する働きがあることから
脂肪を燃焼させやすくする効果があります。

とくに米麹の甘酒には100gに含まれるカロリーは
わずか81キロカロリーと低カロリーなのです。

3)便秘を改善
 
甘酒にはお腹の調子を整えるオリゴ糖が含まれており、
さらに食物繊維が含まれていることから
腸内環境を改善する効果があります。

腸内環境が改善されることで
便秘が改善され肌の荒れといったところも改善されていきます。

4)美髪効果
 
甘酒に含まれるピオチンは、
コラーゲンなどのたんぱく質を作る働きがあります。
このピオチンとコウジ酸がきれいな髪を作る働きを助けています。

5)疲労回復
 
甘酒にはたんぱく質を作るアミノ酸の含有量が高いことから
点滴に匹敵するほどの疲労を回復させる効果があると言われています。

ストレスを軽減させるパントテン酸や
GABAというアミノ酸の一種が含まれており、
日々の疲れを癒す効果があると言われます。

以上の様に甘酒には、ダイエット効果だけでなく
女性にとって嬉しい効果も多くあります。

古くから親しまれるだけあってその効果は絶大です。
今年から何かを始めようと思っておられる方がいらっしゃったら
毎日一杯の甘酒をぜひ実践してみてください。  (木村ひさの)

では次回まで、ごきげんよう。     


ratenkai at 18:32 この記事をクリップ!

2015年08月14日

内臓脂肪を減らす食事療法。

「食べて元気。食べて治す。ー実践・食事療法ー」 第260回

ひさしぶりのブログです。
気がついたら1年以上のご無沙汰。
本業に、追いかけられて逃げていたわけです。

ブログをサボっている間に、「食事療法」を書いている本人が
「おなか、ポッコリ」で笑ってしまいます。

いやに、お腹まわりがおおきくなったなぁと思って
体重計に乗ってよく見ると…

1年前は、体脂肪18.8  内臓脂肪9だったものが
なんとなんと、いまはビックリの数値。

体脂肪26.8  内臓脂肪13。

情けない話です。
これでは生活習慣病になりそう。

早速、食事療法を始めようと決意した次第で、
自分自身を実験台にして、
まずは「内臓脂肪」を減らす食事療法の実践開始です。

因みに「内臓脂肪の平均値」を調べてみますと…

男性の内臓脂肪レベル平均
20代 レベル  6
30代 レベル  8
40代 レベル  9
50代 レベル 10
60代以上  レベル 12

女性の内臓脂肪レベル平均
20代 レベル  3
30代 レベル  5
40代 レベル  4
50代 レベル  7
60代以上  レベル  6.5

男性の場合、年齢が上がるにつれて、平均値も上がっています。
しかし、女性は増えたり減ったりします。
男性のほうが内臓脂肪がつきやすいということです。

内臓脂肪というのは、つきやすく、減りにくい脂肪です。
それに脂肪がついても、自分では気づきにくい脂肪です。

なぜか?
普通の体脂肪計では測ることが出来ないからです。
また、見た目にもわかりにくいので
中年男性は、とくに気をつける必要があります。

ウエストが85儖幣紊△襪函内臓脂肪は確実に増加しています。

内臓脂肪が少しくらい多いからといって、いますぐに病気になるわけではありませんが
この内臓脂肪は、余分なエネルギーですので、生活習慣病を引き起こす原因になります。

内臓脂肪型肥満となると、動脈硬化症のリスクが急激に増えます。

動脈硬化とは、血管の壁が硬くなり、、血管が細くなって、血流の流れが悪くなる病気です。
動脈硬化を防ぐためにも内臓脂肪は減らすことです。

脳梗塞や心筋梗塞などの恐ろしい病気にならないために。

さて、食事療法ですが、
おすすめは青魚に多く含まれるEPA/DHA。

EPA/DHAを摂ることで
体内のミトコンドリアを活性化してくれます。
つまり脂肪を燃焼させてくれるというわけです。

カテキンという成分も、体内のミトコンドリアを活発にする働きがあります。
脂肪をスピーディに燃焼させてくれます。

カテキンは緑茶に含まれている苦味成分で、ポリフェノールの一種です。
緑茶だけでなく、煎茶、番茶、ほうじ茶など、日本茶全般に含まれています。

このなかでも緑茶がもっとも多くカテキンを含んでいます。

一般的には緑茶は湯を注いで、飲みますが
内臓脂肪を減らすなら、緑茶をミキサー、あるいは、すり鉢で粉末にして飲むと
効果が倍増します。

お酢(酢酸)も脂肪を燃焼させてくれます。
スプーン一杯、野菜と一緒に食べてください。
ただし、胃の弱い人はご注意。

海藻類も効果があります。
唐辛子も効きます。

とにかく内臓脂肪を減らすために実践します。

まず、食物繊維を多く摂って、脂肪の吸収を減らします。
糖、デンプンも摂りすぎると脂肪になるので
食べ過ぎないようにします。

さあ、内臓脂肪を減らす「実践・食事療法」の開始です。

ではまた、近いうちに。ごきげんよう。


ratenkai at 17:36 この記事をクリップ!

2014年06月26日

耳鳴りの食事療法。

「食べて元気。食べて治す。ー実践・食事療法ー」 第259回

友人の奥さんが
面白いネックレスがあったので
買って首にかけたら
偶然かどうかその日から「耳鳴りがして…」と。

そのときは冗談めかして
「変な霊に憑依されたのでは?」と
笑って話をしていました。

その後「まだ耳鳴りが治らない」と
何度か聞いていたのですが
友人が内科医なので、もしなにか異常があれば
気づくはず、とタカをくくっていました。

それでも心のどこかに
引っかかっていたようで
耳鼻科の友人にその話をして、
耳鳴りの話を聞いてみました。

話によると、耳鳴りとは
周囲の音とは関係が無く
頭の中に響いてくる音のことをいうのだそうです。

実際には無い音が耳に聞こえてくると言います。
音の大きさや音色などは人によって違うよう。

耳鳴りというのは、
それ自体は病気ではないようですね。

耳鳴りの原因は、実にさまざま。

ストレスが原因の場合や
加齢が原因の場合も。原因不明のときもあるようです。

しかし一番注意しなければならないのは、
病気が原因のときです。

耳鼻科医の友人は
内科医のご主人がおられるなら心配はないですよ、
と言っていましたが、一般論として
いろいろ聞いてみると…

重い病気が耳鳴りを引き起こしている場合もある。

耳鳴りは耳に異常がある場合のみ起こるとは限らない。

「キーン」という高い音は、
脳に何らかの異常が現れているため
起きている可能性がある。

例えば脳梗塞の予兆と考えられることもできる。

そもそも脳梗塞とは、
脳の血管が狭くなったり詰まることで、
脳に栄養や酸素を送れず
脳の組織が部分的に死ぬ病気。

脳梗塞は、動脈硬化などで血液が悪くなったり、
詰まったりすることが原因。

突然、命に関わらなくても、
徐々に症状が進行し、
その結果、死につながったり
後遺症が残ることが多いのが
脳梗塞の特徴。

血管に影響を与える病気はほかのもあるが、
耳鳴りがその前兆となる可能性もある。

とくに血管が脈打つように感じる
「拍動性耳鳴り」は危険。

拍動性耳鳴りは、
血管腫や髄膜腫などの頭蓋底腫瘍の可能性がある。

耳鳴りは脳梗塞の前兆かも知れない。

耳鳴りが長期間続いている人は
早期の検査をすることが大切。 

1ヵ月以上「耳鳴り」が改善しないのなら
脳外科でCTかMRIを撮ってもらうこと。

耳のそばの神経に腫瘍ができていると、
耳の神経がつぶれて、耳鳴りが発生する。

脳に異常がなければ、別の原因を考える。

いずれにせよ早急に、
耳鳴りの原因をつきとめることが賢明。

万一、脳に腫瘍ができていた場合は
耳の神経が完全にやられないうちに
それを取り除くことを考える必要がある…と教えてくれました。
  
さて、耳鳴りの食事療法ですが
広く知られているのが「黒豆の煮汁」

黒豆50グラム
水1リットル

黒豆を洗って、鍋に入れ、そこに水を入れて
5時間以上、浸してください。

その後、火にかけ
沸騰したら、吹きこぼれない程度の弱火で
30分程度煮てください。

煮るのが終わったら
茶こしでこして、容器に移しておき、
空腹時に温めて飲んでください。

1日、3〜4回に分けて飲めば
耳鳴りが緩和されると言います。

くるみの煎じ汁も効きます。
漢方では耳鳴りは腎機能の低下が関係していると言っています。
  
くるみには、腎機能に効く栄養分が豊富に含まれているので
耳鳴りのする人に効果的と言います。

くるみの実の中心部にある褐色の木心を5グラム。
水、600ミリリットルで
水が3分の2の量になるまで煎じて飲みます。

くるみの煎じ汁、よく効くと評判。
他にも「干し栗の煮詰め汁」も効きます。

食事療法でのおすすめは「大根湯」「しいたけスープ」

大根湯は、大根おろし…大さじ山盛り3
     しょうがおろし…小さじ1
     しょうゆ…大さじ1
     器に入れ
     熱い番茶…約400ccを加えて
     熱々を飲みます。

しいたけスープは、
     干ししいたけ…5個
     水…3カップ
     しょうゆ…適量
       
     鍋にしいたけ、水を入れて火にかけます。
     中火で30分。
     スープの量が半分くらいになったら
     しょうゆで味加減して飲んでください。

耳鳴りでお困りの方、ぜひ、おためしください。

では、また、近いうちに。
ごきげんよう。


ratenkai at 11:58 この記事をクリップ!

2014年06月04日

免疫力を高める食事療法。

「食べて元気。食べて治す。ー実践・食事療法ー」 第258回

ご無沙汰しています。

飲食業界に関わっていまして
他人様には「正しい食」を言いながら
自分は「邪食」の明け暮れ。

気がひけて、
えらそうなことを書くのをためらっていた次第です。

4ヵ月ばかり休んでしまいました。

教え子に指摘されて
長い間、休んでいたことに気づいたわけです。

申し訳ありません。

先日、1972年ミュンヘン五輪でも
ご一緒させていただいた女子バレーボールの
元全日本監督の小島孝治さんが
肺炎のため死去したことを報道で知り驚きました。

残念です。83歳だったと記事にあります。

1972年ミュンヘン五輪で
銀メダルに導いたときの小島さんの顔が思い出されます。

心よりご冥福をお祈り申しあげます。

さて、死因「肺炎」で亡くなられる方が
身のまわりに多くおられます。

有名人では
講談師の、田辺一鶴さん
スキージャンプの、笠谷昌生さん
名誉棋聖の、藤沢秀行さん
タレントの飯島愛さんも死因は「肺炎」です。

「肺炎」は風邪などをこじらせ、
肺に炎症を起すといった感じの病気で
死に至る大変な病気というイメージではありません。

しかし、ニュース等で訃報発表があると
死因に「肺炎」とあるのをよく見かけます。

歌舞伎俳優の市川團十郎さんや
女優の坂口良子さんも
「肺炎のために亡くなりました」と報じられていました。

ネットで調べてみると
なんと「肺炎」は日本人の死因順位4番目です。

高齢者の間に多いのが
誤嚥(ごえん)による「誤嚥性肺炎」です。

食べ物等の異物が気管支に入り
肺炎となるのが「誤嚥性肺炎」
 
歌舞伎俳優の中村勘三郎さんの死因も
様々な発表や憶測もありますが、
実は「誤嚥性肺炎」ではと言われています。

いずれにせよ「肺炎」は
高齢者が患うと免疫力、抵抗力から鑑みて
非常に危険です。

肺の働きは、ご存知のように
酸素を取り込み二酸化炭素を排出することです。

残念ながら
「肺」の働きに効く食事療法はありません。

強いていえば
体の免疫システムが弱っていますので
免疫力を高めるための、
抵抗力を高めるための食事療法があるだけです。

食べものから吸収した栄養分を酸化させて
エネルギーをつくり出す、
そのような役割の「肺」にとって
食欲がないのは致命的です。

食物の摂取が十分でないと
エネルギーをつくり出すことが出来ません。

免疫力をつけるためには良質のタンパク質が必要です。

タンパク質は
病原菌の毒素による体力消耗を補うために欠かせない栄養素。

タンパク質は質のよいもの、
たとえば肉、魚、卵、牛乳、チーズ、豆腐などです。

風邪のような症状で体力が弱っている場合
十分な熱量と良質なタンパク質、植物油、それに
ビタミンAやCの多い食べものを選んで食べてください。

免疫力を高め、抵抗力を高めるため
栄養バランスのよい食事を
常日頃から摂るよう心がけてください。

では、また、近いうちに。
ごきげんよう。


ratenkai at 15:41 この記事をクリップ!

2014年02月05日

うつ病の食事療法。

「食べて元気。食べて治す。ー実践・食事療法ー」 第257回

ご無沙汰しています。
忙しさに追われて、ついつい2ヵ月ばかり
休ませていただきました。

申し訳ありません。

あびらうんけんのホームページの方には
「九星による平成26年の運勢」を掲載しています。

占いの世界の一年は
「立春」の昨日から始まります。

したがって平成26年年2月4日から
平成27年2月3日までの運勢が今年の運勢というわけ。

興味のある方はごらんください。
※クリックするとごらんになることが出来ます。

さて、今回は愚生の甥っ子が正月に訪ねてきたのですが、
母親である娘の話では、どうも「うつ病」らしいということです。

大学を卒業して1年。証券会社勤めています。
「うつ」になりやすい時期であり職場です。

従来のうつ病は、
どちらかというとマジメで几帳面な人がかかりやすく、
職場でも自宅でも
かかわりなく気力を失うというのが一般的です。

甥っ子は陸上競技をやっていて
おおらかな性格ですので
まさか「うつ病」になるとは意外や意外。

それも「仕事のときだけうつ状態になる」という気まま病。

仕事を離れると「うつ」がなくなるようで
休日などは楽しく遊んでいる様子。
  
うつ状態がずっと続く
従来型の「うつ病」とは明らかに違います。

甥っ子の場合のように
仕事のときだけ「うつ状態」になるのが
最近の「うつの傾向」らしいのですが困ったものです。

言ってみれば
「学校に行きたくない」と
駄々をこねる小学生のようなもので
近ごろのの若者に多いと聞きます。

「うつ」になった原因は
自分ではなく
会社や上司のせいにする傾向があると
専門家は言っています。

うつ病は
イヤなことに対する逃げのようですね。
  
というと、本当に「うつ病」で悩んでいる方に
叱られそうです。

ここは、あくまで甥っ子を指していますので
お許しください。

「うつ病」は正直、
薬や療養では治りません。
 
よい薬があって
症状は緩和されると専門家は言いますが…

仕事に戻るとまた、
再度「うつ症状」が出るわけですから
本当にやっかいです。

カウンセリングなどを受け、
根本的な原因を解決しないと、
回復しにくいと専門家は言います。

時期が来れば「治る」と思うのですが…。

不満やストレスを翌日に持ち込まないのが
なによりの治療。

わかっているけれどそれができないのが
「うつ」のようです。

食事療法では治らないの?とわが娘。

新型であろうと従来型であろうと
「うつ病」にすすめている食事療法は…

治るかどうかわかりませんが
緩和される可能はあります。
  
「うつ」になる原因は甥っ子の場合、職場にあるわけですが
砂糖の摂り過ぎ、
果物の食べ過ぎ、
果糖の摂り過ぎ
青汁の飲み過ぎが一因であることも確か。

実際「うつ」になると
甘いモノが欲しくなります。

「うつ」は、
塩け不足が原因ではないかと愚生は考えています。
  
梅しょう番茶を飲んで塩けを補充してみては…
とすすめています。

梅しょう番茶は即効性があります。

梅干しのクエン酸やショウガが代謝を促し
血液をキレイにします。

そこに梅干しの塩けが入りますと、
血中のヘモグロビンが活性化します。

体の隅々までに酸素を運び「うつ」を解消します。

梅干し…1個  
しょうゆ…小さじ1  
ショウガ汁…3滴 
三年番茶…200cc

梅干しをよくつぶして、しょうゆ、ショウガを入れて
煮立った三年番茶を注いで熱いうちに飲みます。  

また、穀物を混ぜたご飯を主食にします。
よく噛んで食べることで精神が安定します。

副食には赤身の肉、カツオ、マグロ、サケなどの魚介類、
鶏のささ身、レバーなどがよいでしょう。

いずれも脳を活性化させます。 

野菜では「にら」が緊張や不安を
取り除く作用があります。

「ゆり根」も精神不安の症状に効果があります。
「うど」はイライラに効きます。

牛乳をガブ飲みすると効くという説があります。

牛乳にはカルシウムが豊富に含まれていて
中枢神経の働きをよくし、
イライラ、ストレスの解消に効くからでしょう。

体が陰性になって働きがわるくなっているなら、
陽性の動物性タンパク質をしっかり食べることです。

陰性になっている体とのバランスをとれれば
症状が緩和されるはず。

肉類、魚介類を食べて、体を元気にすれば
精神の病気である「うつ」と闘うことができます。  

食べものの陰陽の力を借りて
バランスをとってみたら、と娘にすすめています。
    
では、また…。
 (当分、不定期で気ままに…お許しください)


ratenkai at 15:23 この記事をクリップ!

2013年12月04日

熱に効く食事療法。

「食べて元気。食べて治す。ー実践・食事療法ー」 第256回


皆さんお元気ですか?

2013年のカレンダーも最後の一枚になりました。

12月の声を聞いただけで、
なんとなく忙しく感じてしまします。

私事で恐縮ですが、仕事が集中していまして
このメルマガも不定期にさせていただいています。

いつもご覧いただいている方には大変申し訳なく
今回もお茶を濁したような食事療法でごめんなさい。

しばらく、不定期なままをお許しください。
  
さて、微熱があって体がだるい…という症状の電話がありました。

風邪やインフルエンザのように
急に高熱が出るのは
細菌やウイルスによる感染が原因ですが
そうでもないようです。

微熱があって、体がだるいというのは
体調不良のサインかも知れません。

血液の循環をよくして
体内の酵素をイキイキさせる必要があります。

熱があるなら、
いまが旬の冬大根の力を借りましょう。

大根は体内の熱を追い払うパワーがあります。

大根おろしとショウガおろしを器に入れ
しょうゆを加え、熱い番茶を注ぐだけで
簡単につくれます。
 
「大根湯」の作り方

  大根おろし…大さじ山盛り3杯
  ショウガおろし汁…小さじ1杯
  しょうゆ…大さじ1杯を器に入れて
  熱い番茶…200ccを注ぐ。

微熱の場合は2〜3回、続ければ熱はとれます。
高熱の場合で3〜4回、続けて飲めば熱はひきます。
急に高い熱が出たときも同じです。

飲むと驚くほど汗が出ます。

もし汗が出ないようなら
大根おろしとショウガおろしの量を増やしてください。

熱があってノドが痛いときには、  
お鍋を用意して

  大根…薄く輪切りにしたモノを3枚
  レンコン…節を中心に輪切りしたモノを3枚
  干しシイタケ…大3枚
  しょうゆ…少々
  水…カップ600cc

鍋に大根、レンコン、シイタケを入れ
水600ccを加え、火にかけます。

汁が半分程度に煮詰まったら
しょうゆで味つけをします。

これを熱いうちに飲みます。

冷めたら、あたためなおして
1日、3回に分けて飲んでください。

ノドの痛みが緩和されます。

「大根」は、台所の医薬品
つねに用意しておいて、いざと言うときに使ってください。

ついでにですが
風邪をひいたり、体調を崩しやすい寒い季節には、
栄養がいっぱいの冬野菜をたくさん食べてください。

白菜、大根、カブ、人参、青菜類などの冬野菜は
寒くなったり、霜にあたったりすると、
凍らないように糖度をあげます。

甘さが増して、より一層おいしくなるわけです。

冬の食卓に欠かせない冬野菜は体を温めて
風邪、インフルエンザの予防になります。

とくに大根や白菜、カブは毛細血管の機能や
血行を良くするビタミンCが豊富。

また豊富なカルシウムは
免疫力の低下を防いでくれます。

体によい冬野菜はご家庭の保健薬です。
たっぷり食べて寒い冬を乗り切ってください。

では、また…



ratenkai at 11:41 この記事をクリップ!

2013年11月06日

「かくれ不眠」に効く食事療法。

「食べて元気。食べて治す。ー実践・食事療法ー」 第255回

杏林大学医学部精神神経科の
古賀良彦教授を中心とする『睡眠改善委員会』は、
家庭用睡眠計を用いて
睡眠を計測することにより、
「かくれ不眠」を調査しました。

「かくれ不眠」とは
一時的な不眠症状で悩んでいる人をいいます。

不眠症だと気づかず、一時的な症状だと思っている
「自分は大丈夫タイプ」です。

そのうち本格的な不眠症になる可能性がありますので
十分気をつけてください。

「自分は大丈夫タイプ」は
ぐっすり睡眠時間が極端に短いのが特徴。
ビジネスシーンにおいても
多くの弊害をもたらしています。

勤労者における睡眠に関する調査によると
「自分は大丈夫タイプ」の不眠症の方は、
全般的に仕事への意欲が下がったという結果が
報告されています。

また「難しい仕事に取り組もうという意志が弱くなった」という
報告もあります。

モチベーションの低下が著しく
転職・退職の傾向が目立ったという報告も。

さて「かくれ不眠に効く」食事療法ですが
これはクスリによる副作用が
ご心配な方におすすめするものです。

約束事は
寝る前にメールをしたり
テレビを見たりすることは「控える」こと。

寝室は暖かくし、
体を支えるマットレスや布団などは
寝返りのしやすさを考えて選ぶこと。

食事療法、民間療法で、
まず、オススメしているのが「寝酒」です。

実際、寝酒のアルコールは
間違いなく眠りを誘います。

アルコール分には毛細血管を広げ、
血液の循環をよくして、
神経の緊張や興奮をときほぐす作用があるからです。

なかでも、おすすめは「ニンニク酒」

アルコール、コップ1杯に
ニンニク2〜3個をすりおろして
5日間、浸けておくと「ニンニク酒」が出来上がります。

これを毎晩スプーンに
一杯ずつ飲み続けると「かくれ不眠」が解消します。

ニンニクはご存知のとおり体を温め
疲労を取り除く効果がありますので
かくれ不眠には効果的です。

お酒(アルコール)が苦手な方に
おすすめしているのが「温かい牛乳」です。

牛乳には眠りを誘う
セロトニンという物質が含まれています。
神経を鎮める作用もあります。

したがって「かくれ不眠症」にとって
温かい牛乳は理想的な飲みものです。

牛乳…カップ1
黒砂糖…小さじ1
バター…小さじ半分
ショウガ汁…少々

牛乳を温め、黒砂糖を入れて、よくかき混ぜ
バターを加えて、さらに温めます。

牛乳は沸騰させてはいけません。
温めるだけです。

温まったらショウガ汁を入れて飲みます。
  
牛乳をそのまま温めて飲むより
黒砂糖、バター、ショウガ汁を加えて飲むほうが
「かくれ不眠」に効きます。
ぜひ、試してください。

タマネギも「かくれ不眠症」によく効きます。

タマネギには神経を安定させる働きと
眠りを誘う働きがあります。

寝つきのわるい人は夕食に
タマネギを水にさらさないで
ヌメリを残した生のまま
お好みのドレッシングで食べてください。

タマネギの、あのヌメリが不眠に効果があります。
また、タマネギの香りも眠気を誘います。

タマネギを刻んで枕もとにおいて休めば
寝つきがよくなります。

セロリをジューサーでしぼって
ハチミツを入れて飲む民間療法もあります。

レタス汁も効果があります。
レタスの芯の苦味成分が眠りをもたらします。

レタスの芯ごと適当な大きさに切って
ジューサーにかけ、
そのレタス汁にレモン汁を適量加えて飲むと
よく眠れます。

食事療法ではカルシウムが不足すると
神経がいらだって眠れなくなるという考えから、
カルシウムの多い「緑黄色野菜」をすすめています。

なかでも「小松菜」と「モロヘイヤ」がおすすめ。

ハーブティーでは
カモミールやべルガモットは
寝る前に飲むと神経の緊張がやわらぎます。

シソや乾燥した菊の花に熱湯を注いで飲めば効く
というのが昔からの不眠解消法です。

「かくれ不眠」の方は睡眠薬は飲まなように。

睡眠薬はクセになるだけでなく、
量を増やさないと効かなくなる恐れがあるからです。

出来るだけ自然療法で
「かくれ不眠症」を治してください。

では、また…。


ratenkai at 16:59 この記事をクリップ!

2013年10月16日

酒好きの女性に多い脳卒中を防ぐ食べ物。

「食べて元気。食べて治す。ー実践・食事療法ー」 第254回

酒好きの女性、脳卒中に注意 
1日2合以上でリスク2倍と朝日新聞。

1日2合以上飲酒する女性は、
時々しか飲まない女性に比べて脳卒中の危険が
2倍以上高いことが、
国立がん研究センターなどの調査でわかりました。

研究班は岩手や長野など、
全国9カ所に住む4万7千人を
17年間調べたと朝日新聞は報道。

それによると
アルコールを週に300グラム以上
1日平均で日本酒で2合、
ビールなら大瓶2本以上をとる人は、
月に1〜3回しか飲まない人に比べて
脳卒中になる危険が2.3倍、
脳内出血に限ると2.85倍高かったと書いてます。

週に150〜299グラム
1日平均で日本酒で1〜2合未満、
ビールなら大瓶1〜2本未満も、
脳卒中の危険は1.55倍高かったと書いています。

女性は男性よりも小柄で
肝臓も小さいので、
アルコール代謝が遅いようですね。

このため、男性と同じ量を飲んでも
体にかかる負担は大きいというわけです。

研究班の池原賢代・大阪大特任助教は
近年、女性の飲酒は頻度も量も増えている。
女性は日本酒なら1日1合、
ビールなら大瓶1本未満を目安に
節酒を心がけて欲しいと話しているそうです。

それにしても近ごろの女性の飲みっぷりは凄いですね。

さて、脳卒中と呼ばれるものには
くも膜下出血・脳内出血・脳閉塞・一過性虚血
・高血圧性脳症があります。
   
いずれも血液の流れが悪くなり、
脳内の血管や中枢神経に障害が出ます。

突然手足が動かなくなったり
意識がなくなる発作が起こります。

脳卒中です。
脳卒中の主流は、いま
脳内出血から脳梗塞へと変化しているようです。

治療技術の進歩で、
年々脳卒中の死亡率は低下していますが、
逆に脳卒中にかかる人の数は増加しています。

酒好きの女性が多いせいでしょうか?

動脈硬化の原因となる高血圧、高脂血症、糖尿病などの
生活習慣病が増えてきたからでしょうか?

脳卒中がこわいのは命にかかわる危険があるからです。

発作によって全身マヒや半身マヒに…
寝たきりになるこわさもあります。

脳のなかに梗塞が出来て
痴呆症になるケースも多いようです。

予防には食生活を改める必要があります。
まず、三度の食事をきちんと食べることです。

栄養不足になると血管がもろくなり
発作の引き金になります。

とくに濃い味つけのものは避けてください。

塩はいけません。
減塩すれば確実に血圧を下げてくれますので
塩分は控えめにしてください。

ビタミン、ミネラルは過不足なくとりましょう。
栄養のバランスをつねに考え、食事をしてください。

食事療法で脳卒中を予防するには
タマネギを常用することです。

タマネギは血液をサラサラにする効果があります。
リンゴ、トマトも脳卒中の予防に効果があります。

民間療法では「昆布」を食べることをすすめています。

「ゴボウの昆布巻き」などは
毎日でも、あきずに食べることが出来ます。

昆布は高血圧症、動脈硬化に効きます。

ゴボウは新陳代謝を強め、
血液の循環を促す効果があります。

他におすすめしたい予防食は
「きくらげ、ゴボウ、ヒジキ、こんにゃくの炒め煮」

いずれも薬効があり、浄化作用があり、しかも低エネルギー
毎日食べて血をキレイにしてください。

先にも記しましたが
血液の浄化作用にはタマネギがいちばん。
ネギも有効です。

ニンジン、梅、こんにゃくも
積極的に食べていただきたい食材です。

脳卒中は、血管の老化で、
血管がキズつきやすくなって起こります。

血管の老化を防ぐためにもタンパク質の不足はいけません。
良質のタンパク質を十分とってください。

酒好きの女性の方は念のため
血圧は朝晩測定してください。

血圧が正常なら
脳卒中の危険は軽減、安心です。
   
では、また…。

◆お詫び
 しばらくお休みしていて申し訳ありません。
 勝手な事情により当分、不定期な配信になります。
 お許しください。(羅天海)

ratenkai at 13:06脳卒中 この記事をクリップ!

2013年09月20日

精力のつく食べ物。

「食べて元気。食べて治す。ー実践・食事療法ー」 第253回

「セックスに関する県民性」という調査のなかで
セックスレスに関する興味深いデータが公開されています。

調査は相模ゴム工業という会社が主体となって
47都道府県の20〜60代の
男女1万4100人を対象に行われました。(2013年度)

それによると
「自分はセックスレスだと思う」と回答した都道府県の
第1位は千葉県の59.2%、
 2位は愛知県で56.6%、
 3位は静岡県で56.2%となっています。

セックスレスだと思う率が最も低かったのは
47位の奈良県42.9%、
46位は兵庫県43.9%、
45位は鳥取県44.8%となっています。

いずれにせよセックスレス人口が増えているようです。

性生活の満足度についても調査が行われていて
「性生活の満足度が高い」都道府県は
1位 鹿児島県55.8%、
2位 山梨県 55.7%、
3位 福井県 54.8%。

「性生活の満足度が低い」都道府県は
47位 愛媛県46.2%、
同率で 茨城県46.2%、
45位 千葉県46.7%の順。

セックスレスランキングで
1位の千葉県は満足度では下から3番目にランクインしています。

セックスレスの
1カ月間のセックス回数については
全国平均 2.1回。

まったく交渉がないという
大きな数字は省かれているようです。

回数が多い都道府県は
1位 佐賀県2.79回、
2位 秋田県2.62回、
3位 沖縄県2.57回。

少ない都道府県は
47位 大阪府1.52回、
 同率で静岡県1.52回、
45位 滋賀県1.63回。
この数字をどう読み取ればいいのでしょうね。

こちらは元気のいい人たちの悩みです。
「精力をつけたい」
「精力のつく食べものは…?」という
中年の男性の質問。

精力の減退は老化とともに
といえば怒られそうですね。

しかし、精液を生産する前立腺は
中高年になれば硬化し、肥大化しますから
精液の分泌は低下して当然。
なかでも生活習慣病=成人病は
精力を極端に衰えさせます。

糖尿病、高血圧、心臓病などは
体力の低下で
精力の減退巾が大きくなります。

また、ストレスで精神的、心因的要因で
精力がなくなる場合が多くなっています。

それでも「がんばりたい」という人には
精力アップのための食事療法を伝授しましょう。

次に紹介する栄養素が含まれている食べ物を
たっぷりと摂取してください。

・亜鉛
 生殖機能を向上させ、
 精子の運動を活発にする働きがあるので
 「性のミネラル」ともいわれています。

 牡蠣、スルメなどの魚介類、
 ゴマ、カシューナッツ、
 ナチュラルチーズなどに多く含まれています。

・セレン
 これも亜鉛と同じく生殖機能のために大切な栄養素です。
 不足すると精子の数が減少し、
 精子の運動能力の低下につながります。

 わかさぎ、イワシなどの魚介類、
 卵、乳製品などに多く含まれています。

・鉄
 精子の形成と製造を促す働きがあります。

 海苔、ひじき、レバーなどに多く含まれています。

・マンガン
 精子の運動率を上げる働きがあります。

 玄米、栗、干し柿、パイナップルなどを始め、
 多くの植物性の食べ物に含まれています。

・ビタミンE
 男性ホルモンの分泌を活発にする働きがあります。

 にじます、ウナギ、鮎などの魚介類、
 アーモンド、カボチャなどに多く含まれています。

いちばんのオススメはニンニク。

しかし、ニンニクのあの臭いが…
と敬遠される方が多いのも事実。

ところがニンニクの、
あの臭いの元にもなっているアリシンという成分が重要。

ビタミンB1と結合してアリチアミンという成分に変化し、
体に吸収されると精力がみなぎるといいます。

民間でよく言われている
精力がつく食べものと言えばヌルヌルした食品です。

ヤマイモ、里芋、オクラ、納豆、卵…
あのウナギもヌルヌルしていますね。

スッポンも精力がつく食べものです。

キノコは精力がつく食べものではありませんが
血液がキレイになり体力がつくので、
精力アップにつながります。

 根っこの野菜を食べよ、とよく言います。

男根なんて言葉がありますが、
実際、根っこ野菜は精力がつく食べ物です。

レンコン、ゴボウ、ニンニクなども
精子の成分であるアルギニンが多く含まれます。

またニンジンには亜鉛が含まれます。

海のものでは定番のウナギのほか、
海のミルクでお馴染みの牡蠣(カキ)も精力がつきます。

肉類と卵も精力がつくでしょうね。

卵はタンパク質、鉄分、亜鉛、ビタミンEなどを含みます。
摂り過ぎはコレステロール値が上がりますので要注意、

肉類のなかで牛肉がおすすめ。
精力がつくかどうかは異論があるところですが
体が元気になるのは確かです。
  
オススメする理由は
牛肉のタンパク質は人間のタンパク質の構造に似ているからです。

また亜鉛を含むのも牛肉のポイント。
コレステロール値が上がるのが欠点で要注意。

気をつけたいのは精力を低下させる食品。
とくに化学化合物や添加物が多く含まれる加工食品は
避けたいですね。
  
精力に関係する大事な栄養素を壊してしまう要素があります。
  
また、クスリを多く服用している方は
その影響を受けることもあります。

タバコ、お酒の過剰摂取も精力減退に関わります。

セックレスの時代
男性諸君は精力をつけて男性の機能を高め、
セックスレスの回避に努めてください。

では、また…。

ratenkai at 11:33 この記事をクリップ!

2013年07月31日

日焼けに効果のある食事療法。

「食べて元気。食べて治す。ー実践・食事療法ー」 第252回

カネボウ化粧品が製造・販売した美白化粧品が
大問題になっています。

肌がまだらに白くなる被害が相次いでいるからです。

6,808人から、症状について申し出があり、
そのうち、2,250人が重い症状を訴えているそうです。

まだまだ被害が続出しそうです。

症状については
「3カ所以上の白斑」「5センチメートル以上の白斑」
「顔に明らかな白斑」のいずれかに当てはまる重い症状を
訴えているといいます。

原因は医薬部外品有効成分の「ロドデノール」。

ロドデノールが含まれた
美白化粧品と白斑様症状についての因果関係は不明といいます。

日本皮膚科学会の協力で、
同学会内に藤田保健衛生大学の松永佳代子教授を委員長とする
「ロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会」が
設置されたようです。

診断法や利用法に関する皮膚界への情報提供、
実態把握などを進めていくそうです。

同学会ホームページ上に
「美白成分ロドデノール含有化粧品使用後に生じた
 色素脱失症例 医療者(皮膚科医)向けの診察の手引き」が、
掲載されています。

それにしても使用して
被害に遭われた方にとっては
美しくなるための美白化粧品で
肌がまだらに白くなるなんて思いもしなかったでしょうね。

効果のあるモノは
つねに危険と背中合わせかも知れません。

さて、こちらは日焼けが影響していると思われる
「シミ・ソバカスが増えた」という女性のお話。

まさしく夏の紫外線が影響しているのでしょうね。

シミは30歳を過ぎた女性に「出やすい現象」です。
褐色の色素斑で、
頬の両側、鼻のまわりによく出ます。

ソバカスは茶褐色の斑点。

日光の当たりやすい腕の外側、手の甲や目の周囲。
頬にも出ます。

いずれもヒフの内側にメラニン色素がくっついて
シミやソバカスになってあらわれます。

しかし、メラニン色素の沈着が本当の原因かどうか
実のところ、いまだ解明されていません。

ホルモンの分泌異常、遺伝的要素などが原因
という説もあります。

わかっていることは紫外線の影響が
大きいということくらいです。

だから各化粧品メーカーはこぞって
シミ、ソバカスに関わる商品の
開発に力を入れています。

カネボウの美白化粧品もその一つでしょうか。

民間療法や食事療法の専門家は
シミやソバカスは血液中の動物性物質が
日焼けなどによって酸化したから出来ると言います。

だから食事療法で酸化を防ぎ
血液をキレイにすればよいということになります。

シミやソバカスをつくらないようにする最大の方法は
・強い陽に当たらない、日焼けしないこと。
・ビタミンCや・ビタミンEを多く含んでいる食べもの
 果物や野菜を多めに摂ること。
・血液の酸化を防ぐため「梅干し」を毎日食べること。

食事療法としては良質のタンパク質に
ビタミンA、B群、C、Eをきちんと摂ることと教えています。

ビタミン類は細胞を傷つけて老化を早める活性酸素の発生を
抑えてくれます。

ビタミンEは血行をよくして新陳代謝を促し
メラニンの排出を助けてくれます。

ビタミンCは細胞の酸化を防ぎ、
色素の沈着を防止してくれます。

メラニンがつくられるのを抑える効果もありますから
シミやくすみが気になる人は
日常的にビタミンCを摂るようにしてください。

ビタミンEが多いのは
青じそ、のり、ゴマ、ブロッコリー、小松菜、アボカドなど。

ビタミンCが多いのは
抹茶、サヤエンドウ、青じそ、ブロッコリー、セロリ、ジャガイモ、
ミカン、イチゴなど。

ビタミンAが多いのは
青じそ、卵、鮭、ニンジン、トマト、小松菜、イチゴなど。

「ブロッコリーと鮭缶のピリ辛炒め」をすすめているのは
皮膚科医の矢端幸子先生。

ブロッコリーは一口大の小房に分け、
鮭は缶から出して
ほぐしながら軟骨や皮を取り除きます。

フライパンにゴマ油を熱し
ニンニク、ネギ、豆板醤を炒めます。

香りが出たら先のブロッコリー、
鮭をほぐしたもの、汁も一緒に入れ
じっくり炒め合わせます。

ブロッコリーに火が通ったら
赤唐辛子をみじん切りにして加え
しょうゆ、塩、コショウで味つけをします。

辛さはお好みで調整します。
炊き立てのご飯にのっけて食べるとおいしいといいます。 

定番ですが「梅しょう番茶」もおすすめです。
・梅干し…1個
・ショウガ汁…3滴
・しょうゆ…小さじ1杯
・三年番茶…150cc

「雑穀玄米ごはん」に黒ゴマ塩をかけて食べるというのは
昔から伝えられているシミ、ソバカスの予防法。

「海苔(のり)」はメラニン色素の沈着を防ぎます。
海苔を食卓に常備してください。

「ヨーグルト」もメラニン色素の沈着を防ぐ
作用があります。
新陳代謝を活発にして肌の老化を防ぐ働きもあります。
  
外用としては…
「アズキ」をすり鉢でよくすり
米ヌカを少し混ぜて布袋に入れ
シミやソバカスの部分を
1日2〜3回、軽くこすってみてください。

決して強くこすってはいけません。要注意です。
  
いずれにしても30歳を過ぎたら
日焼けに注意しましょう。

陽ざしの強い季節、くれぐれも気をつけてください。   

では、また来週…

ratenkai at 14:27 この記事をクリップ!
Profile
<羅天海>
    病気のほとんどは
    食べものが影響します。
    食べものが影響する病気は
    食べもので治ります。
    食べて元気になる体づくり、
    病気に負けない食べものの
    紹介を毎週お届けいたします。
記事検索
Archives
毎日の行動ポイント
毎朝、当日の気の動きを携帯へ
配信。登録は、こちら
九星占い
2017九星占い
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)